Close
トップ > エビデンス

−    ニオイやウイルス機能の消失メカニズム   −

ニオイやウイルス機能の
消失メカニズム
銀雪の表面は、電子顕微鏡レベルで観てみると微細な細孔がたくさん空いてます。
この細孔にニオイの元となる分子を物理的に吸着し、消石灰との反応で浄化することでニオイの元が分解され、消臭効果が得られるわけです。
飛まつ中に含まれたウイルスが銀雪の表面に付着すると水分の浸 入により消石灰の溶出が起きて、飛まつが強アルカリ性になりま す。強アルカリ性によりウイルスの変性を起こし感染性を失いま す。

銀雪に使用している漆喰和紙についての
ウイルスE(エンベロープあり)に対する抗ウイルス試験

大学研究所での実験結果

※本結果は同種塗料で異素材を用いた場合の試験結果です。
※本製品は人の疾病の治療又は予防に使用されることを目的とした製品ではありません。
※薬機法(医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律)の関係上、
特定のウイルス名で表記ができないため「ウイルスE」と記載しています。

−    抗ウイルス機能の検証結果   −

抗ウイルス機能の検証結果
①ウイルスや菌が塗膜に吸着
②水酸化カルシウムの持つ性質により、ウイルスの感染力を低減させます。

消臭効果について

−   抗アレルゲン性について    −

抗アレルゲン性について
● ダニアレルゲン(2時間後に計測した際の低減量)
●花粉アレルゲン(2時間後に計測した際の低減量)
銀雪の抗アレルゲン効果

− VOC吸着除去について −

VOC吸着除去について
揮発性有機化合物(VOC)であるホルムアルデヒドを吸着無害化し、トルエン、キシレン等を吸着除去します。
人が生活する住空間にもVOCは存在しています。壁紙などからもVOCが放散されている可能性があります。
アレスシックイは、シックハウスの原因となるホルムアルデヒドなどのVOCを吸着分解してくれます。皆様が暮らす住宅の内装材としてご使用いただけたなら、人にやさしく安心な生活空間を創ります。
●ホルムアルデヒド・トルエン除去性評価試験
ホルムアルデヒド濃度(ppm)
トルエン濃度(ppm)
ホルム無害化メカニズムイメージ
①ホルムアルデヒドは水酸化カルシウムと接触すると活性化し、反応して、無害化されます。
②さらに反応して、ホルムアルデヒドは完全無害な糖になります。
ページトップへ